情報

分娩痛のための結合された脊髄/硬膜外

分娩痛のための結合された脊髄/硬膜外


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

脊椎/硬膜外症はどのように機能しますか?

脊髄/硬膜外(CSE)ブロックを組み合わせることで、脊髄の迅速な痛みの軽減と、硬膜外硬膜の持続的な持続的な軽減を実現します。

脊椎/硬膜外を組み合わせた場合の主な利点は、硬膜外麻酔が機能するのを待っている間、脊椎からすぐに解放されることです。

期待することは次のとおりです。

  1. クリーニング。 麻酔科医や看護師の麻酔科医が背中をきれいにしている間、あなたは横に寝転んでいるかベッドの端に座っています。
  2. 麻痺。 その後、プロバイダーは麻痺薬をエリアに注入します。
  3. 硬膜外針。 次に、彼女は硬膜外針を腰に注意深く導きます。
  4. 脊椎注射。 彼女は硬い針を硬膜外針の中に入れますので、一度刺すだけで済みます。彼女はあなたの脊髄と脊髄液を取り巻く膜を通して脊髄針を導き、少量の薬を液体に注入します。硬膜外針を残したまま、彼女は脊髄針を取り外します。
  5. 硬膜外用のカテーテル留置。 次に、硬膜外カテーテルを硬膜外針に通して、その膜のすぐ外側のスペースに送ります。彼女は針を取り外し、カテーテルを所定の位置にテープで留めるので、必要に応じて薬物を針を通して投与できます。この時点で、カテーテルを邪魔することなく横になることができます。

分娩時の痛みの緩和のために脊髄/硬膜外を組み合わせることの利点は何ですか?

  • 迅速な安心。 ほんの数分で完全な痛みの軽減が始まります。
  • 効果的です。 硬膜外は、あなたの分娩を通して使用することができる非常に効果的な痛みの軽減のためのルートを提供します。
  • 強度調整が可能です。 麻酔科医または看護師の麻酔科医は、硬膜外薬物の種類、量、および強さを調整することにより、効果を制御できます。これは重要です。なぜなら、分娩が進み、赤ちゃんが産道にさらに下がると、それまで得ていた量で痛みをカバーできなくなったり、別の場所で突然痛みが発生したりする可能性があるためです。
  • あなたは起きているでしょう。 薬の効果は局所化されているので、分娩時や分娩時に目覚め、警戒するでしょう。そして、あなたは痛みがないので、子宮頸管が拡張するので、あなたが望むなら(あるいは寝さえすれば)休むことができます。その結果、あなたがプッシュするときになると、あなたはより多くのエネルギーを持っているかもしれません。
  • 赤ちゃんへの影響はほとんどありません。 全身性麻薬とは異なり、ごく少量の薬しか赤ちゃんに届きません。
  • 麻酔にも使用できます。 硬膜外麻酔が整うと、C断面が必要な場合、または出産後にチューブを結んでいる場合に、麻酔をかけるために使用できます。

欠点は何ですか?

  • ぎこちない。 手順の間、5〜10分間、厄介な位置に留まる必要があります。
  • たくさんのモニタリング。 IV、頻繁な血圧モニタリング、継続的な胎児モニタリングが必要です。
  • 押すのが難しいかもしれません。 感覚が低下すると、赤ちゃんを押し出すのが難しくなる可能性があります。これにより、押し段階が長くなり、真空引きまたは鉗子のデリバリーが必要になる可能性が高くなります(これにより、深刻な裂傷のリスクが高まります)。ただし、投与量を注意深く管理することで、この影響を最小限に抑えることができます。
  • 誰にとってもうまく機能しない場合があります。 場合によっては、硬膜外麻酔はむらのある痛みの緩和をもたらします。これは、女性ごとに解剖学的構造が異なるため、または硬膜外腔に広がって薬物が脊髄神経のすべてを浸すことができない場合に発生します。カテーテルはまた、わずかに「ドリフト」する可能性があり、最初から問題なく痛みを和らげることができます。 (特定の場所で痛みが出始めていることに気付いた場合は、麻酔科医または看護師の麻酔科医に面倒を見てもらい、線量を調整したり、カテーテルを再挿入したりしてください。)
  • 血圧を下げることができます。 薬は一時的に血圧を下げ、赤ちゃんへの血流を減らし、それが赤ちゃんの心拍数を遅くします。 (これは、あなたにIV輸液と時々薬を与えることによって治療されます。)
  • かゆみや吐き気の可能性があります。 麻薬が使用されている場合(ほとんどの場合使用されています)、特に顔にかゆみを引き起こす可能性があります。また、吐き気を引き起こす可能性があります。ただし、これは全身薬物療法よりも脊椎硬膜外症の組み合わせでは起こりにくく、一部の女性は吐き気を感じ、分娩中に吐き気を催す なし 鎮痛薬。
  • おもらしに問題があるかもしれません。 硬膜外麻酔を介して提供される麻酔薬は、いつおしっこをする必要があるかを判断するのをより困難にする可能性があります。また、便器に小便を入れられない場合(多くの人にとって、トイレに行くよりも困難です)、尿道にカテーテルを挿入する必要があるかもしれません。
  • 発熱リスク。 硬膜外炎は、分娩時に発熱するリスクを高めます。なぜこれが起こるのかは正確にはわかりませんが、1つの理論では、あえぎたり汗をかいたりすることが少ないため(痛みを感じないため)、労働によって発生した熱を体が放散するのが難しくなります。それはあなたやあなたの赤ちゃんの感染症の確率を押し上げることはありませんが、熱が硬膜外感染によるものか感染によるものかは最初ははっきりしないので、あなたとあなたの赤ちゃんは不必要な抗生物質を手に入れるかもしれません。
  • 赤ちゃんは表向きに生まれる可能性が高くなります。 硬膜外麻酔は、出産時に後方または「上向き」の位置にいる乳児の割合が高くなります。赤ちゃんが顔を上に向けている女性は、労働時間が長く、ピトシンをより頻繁に必要とする傾向があり、C断面の率が大幅に高くなります。 (しかし、骨盤底が弛緩しているために、硬膜外麻酔が実際にこの姿勢になる赤ちゃんに寄与するかどうか、または赤ちゃんが後方の姿勢にある女性がより苦痛を伴うため、硬膜外手術をより頻繁に要求するかどうかについては、論争があります。)
  • 痛み。 脊髄/硬膜外は、注射スポットで数日間の痛みを引き起こす可能性があります。
  • 考えられる頭痛。 100人に1人の女性で、硬膜外炎は数日間続く可能性のあるひどい頭痛を引き起こします。これは、脊髄液の漏出が原因です。 (針を配置している間は、できるだけ横になって頭痛のリスクを減らすことができます。)
  • まれですが深刻な副作用。 非常にまれなケースでは、脊髄/硬膜外呼吸が呼吸に影響を与え、非常にまれなケースでは、神経の損傷や感染を引き起こします。

誰が脊椎/硬膜外の併用ができないのですか?

すべてのママがこの種の痛みの緩和に適しているわけではありません。次の場合は、硬膜外ブロックまたは脊椎ブロックを使用できません。

  • 異常に低い血圧(出血やその他の問題のため)、
  • 出血障害、
  • 血液感染症
  • 針が入る腰の皮膚感染症
  • 局所麻酔薬に対する以前のアレルギー反応があった
  • または、特定の抗凝血薬を服用している場合。


ビデオを見る: 出産無痛分娩って痛い痛くない出産レポート (六月 2022).


コメント:

  1. Moogujar

    ブログはとてもプロフェッショナルで読みやすいです。それだけが必要。そして他の多く。

  2. Sullimn

    私の意味は完全に開発されており、作家は彼ができるすべてを絞り出しました。

  3. Mac Ghille Aindreis

    私は上記のすべてに同意します。その問題について話し合いましょう。

  4. Ishaq

    laugh nimaga !!

  5. Smetheleah

    何も変更できません。

  6. Octavian

    この問題について説明しましょう。ここまたはPMで。

  7. Seppanen

    あなたは間違っています。議論することをお勧めします。 PMで私に手紙を書いてください、私たちはコミュニケーションします。



メッセージを書く